リサイクルトナーとは!?

プリンタにはインクジェットプリンタ、レーザープリンタがありますが、インクジェットプリンタを使用して印刷するにはインクが必要になります。
トナーはこのインクジェットプリンタのインクにあたるもので、レーザープリンタ・複写機で印刷する際に使用する消耗品です。

トナーと一口にいっても複数の種類があります。
プリンタメーカーにより製造・出荷が行なわれているものは純正トナー(純正品)、そうでないものは非純正トナー(非純正品)といいます。
非純正トナーはさらに細かくわけて汎用トナー、互換トナー、詰め替えトナー、リサイクルトナーがあります。

個々の特徴を簡単に説明しますが、汎用トナーはもともと純正品の製造工場で製造されていた製品が、複数種類のプリンタで使用可能になったもの、互換トナーはプリンタメーカーとは別のメーカーが製造したもので、複数種類のプリンタで使用可能な互換性が持たされているもの、詰め替えトナーは使用済みのカートリッジは再利用し、トナーの粉だけを買い求めて自分で注入することが可能になっているもの、リサイクルトナーは使用済みのトナーカートリッジが回収され、再度トナーが充填されるなどした上で販売されているものです。

価格、品質はトナーの種類によって異なりますが、このサイトではリサイクルトナーの特徴をくわしく説明しています。
メリット、デメリット、使用上の注意点をまとめていますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。



■管理人特選サイト
品質の高いリサイクルトナーを通販している専門店です >> リサイクルトナー 通販